..
..

むち打ち

交通事故後のこんな症状でお悩みではありませんか?

レントゲンではわかりません

なぜ起こる!?脳脊髄液減少症のメカニズム

脳髄液のメカニズム

頭の治療脳脊髄液減少症とは、医療機関や世間でもまだ認識の低い症状です。レントゲンやMRIなどの検査で異常を発見できない場合が多く、そのため医療機関では、 「うつ病」や「自律神経失調症」などの精神的な症状と混同されがちです。

世間一般ではもっと認識が低く、捻挫や骨折などのケガとは違って外からはわからない症状なので、怠惰・仮病と周囲に誤解を与える恐れもあります。

そもそも脳脊髄液減少症とは何でしょうか?脳脊髄液減少症になると、
一体どんな症状があらわれるのでしょうか?

脳の中には、「脳脊髄液」と呼ばれる、無色透明の液が脳脊髄液腔を満たしています。
脳脊髄液は、わたしたちの脳や脊髄を外からの強い衝撃から保護してくれる、言わばクッションのような役目を果たしています。しかし、交通事故や何らかのことが原因で外からの強い衝撃が加わると、脳の中に強いプレッシャーがかかり、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏れてしまうのです。

その結果、 脳脊髄液腔内の脳脊髄液が減ると、腔内の圧力が下がり、頭痛などの症状を引き起こします。また、症状は頭痛だけにとどまらず、倦怠感や吐き気、難聴、首の痛み、めまい、物が二重に見えたり、視野が狭くなったりの症状があらわれ、症状が重い方は、学校や職場に通えなくなるなどのケースがあります。

一般的な理解や認識がまだ低い症状ですが、金沢のゆめたか接骨院では、脳脊髄液減少症に苦しむ多くの患者様を診てきた豊富な経験と実績があります!

前述の症状にお心当たりの方は、ゆめたか接骨院に是非ご相談下さい。

お問合せはこちら

ゆめたか接骨院金沢院。000-000-0000.交通事故、むちうちでお悩みの方、お電話下さい
..